FC2ブログ

奴隷男妻アナル責め



まだ若かった頃に耳にして強い刺激を受けた言葉、、、奴隷男妻アナル責め・・ホモの発展場で知り合ったやらしいおじさんが口にした言葉なのですけど、まだ経験の浅かった私は、脳天を打ち抜かれるくらい強烈な刺激を受けました、、、奴隷、、男妻、、アナル責め、、、どの言葉も卑猥で、やらしくて、、頭の中でグルグルいろいろ考えちゃう。。。指と舌と玩具で私のお尻の穴を玩ぶのが大好きだったそのおじさまには、何度も一緒に住もうと口説かれました w きっと一緒に住んだら、タイトルのような生活が待っていたのでしょうね、、、ああん、、思い浮かべるだけでやらしいわぁ www  私、、きっと、妻という言葉に一番やらしさを感じていたような気がするの。。男なのに男の人の妻になるだなんて、、、赤ちゃんも産めない私を妻にする目的なんて、、考えただけでやらしいわぁ。。。私みたいに、もう若くもなければ可愛くもないブスオカマでも、、それでも、いまだに本気で一緒に住もうと言ってくださる男性がいらっしゃることが幸せ、、たとえ冗談とか気まぐれでも、冷やかしでも、そのお言葉だけで生きていてよかったって思えるもの w  だけど、今の私の暮らし、、、事実上、同棲している彼の男妻なのよね www 毎日朝食を作って、お洗濯して、お仕事から帰ったら夕飯を作って・・・彼は家にいない日が多いし、もう七年以上エッチもないけど、やっていることって妻の務め、、、ううん、、、時々、、出会った頃のように、ハードなSMで嬲られて、彼の存在に怯えながらも、この体を貪られる日々が懐かしいわぁ。。。やらしい笑みを浮かべながら、私のお尻の穴を壊れそうなくらい玩ぶ彼のニヤけた顔が忘れられないわぁ www

気になってくださったら・・・成美のエッチな写真集も、よろしくおねがいします w
http://adult.contents.fc2.com/article_search.php?id=273992
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

蝋責めフェラ



仁王立ちの殿方の前でお尻をぷりっと突き出しておちんちんをおしゃぶりするのですが、見上げるとそこには殿方の冷笑。。蝋燭にライターで灯を灯し、しゃぶらせながら、突き出したお尻に熱蝋を垂らすの・・・SM用の低温蝋燭よりも・・仏壇用の高温の蝋燭なら、痺れるような熱さがお尻を切り裂きます。。。殿方の股間で口を塞がれて、悲鳴を上げられず、ただうめき声をあげながらお尻を激しく振るだけ、、、背後に鏡があれば、私の無様な姿をお楽しみいただけると思います。大きな醜いお尻が蝋を垂らされるたびに、大きく揺れて、おちんちんも縮こまって・・・情けないメス豚の哀れな姿がお好きなSさまには好評です。。。快楽を味わう殿方と地獄を味わう私との立場の差が被虐的でやらしくて・・辛いのに感じてしまいます。。。

気になってくださったら・・・成美のエッチな写真集も、よろしくおねがいします w
http://adult.contents.fc2.com/article_search.php?id=273992

深夜2時公園で待ち合わせ



女装外出をしない私は、お相手の男性にホテルで・・・とお願いしたのですけど、どうしてもドライブしたいというので、気乗りしないまま深夜の公園でお約束しました。。。人の出入りがほとんどない公園の公衆トイレの障害者用の個室でお化粧してお着替えしてお約束の殿方を待つ私・・・めったにお外でお会いすることのない私は、久しぶりに屋外での女装に緊張していました。。男性とドライブ、、その後はきっと・・考えるとお化粧しながらもアナルが疼いて興奮してきてしまいます。。。メイクを終えて殿方を待つ事一時間、、携帯にメールもないし、電話もありません。。。ドキドキが冷め始めて、逆に深夜の公園のトイレにたった一人でいることの不安と恐さを感じました。。。少し様子を見るために障害者用のおトイレから出てみますが、すけすけのベビードール姿という恥ずかしい格好をしているのですぐに個室に逃げ帰りました。
さらに三十分・・・待ちくたびれてまたもやおトイレから出て公園の様子を恐る恐る伺う私・・風だけが吹いていて、夏でも少し肌寒さを感じました。ガシャンという音に驚いておトイレに戻ろうとすると、障害者用のおトイレに鍵がかかって開きません。見ると使用中になっていて内側から鍵がかけられていました。中にはお着替えのものやお化粧品などいろいろ置いてあるのに、、、私は恥ずかしいベビードール姿のままトントンと個室の扉を叩きました。。
「あの・・すみません・・中に私の荷物があると思うのですけど」
返事はありませんでした。確かに内側から鍵がかかっているので中に誰かが入っていることは確かなのに・・・
「あの・・」
もう一度声をかけようと思ったその時・・
「オカマがいるぜ・・へへ」
「すげー格好してんなぁ・・」
振り返ると柄の悪そうな若い男性が三人・・私の後ろに立っていました。。
「パンツ丸見えじゃねーか・・恥ずかしい奴だな・・」
そう言いながら男たちは私に近づき、私の腕を押さえつけ、お尻を乱暴に鷲掴みにしました。
「でっけぇ~~!!こいつ、ちょーケツでけぇ!」
「い・・痛っ!痛い・・」
私は情けない声を発していました。。大声を出しても恥をかくのは私なんですもの・・・小声で男たちに哀願しました。
「お、お願い、、私、約束があって・・」
「約束?男と約束か?こんな夜中に・・」
「は、はい・・だから、お願い、放っておいてよ・・」
「そんな格好でうろうろしやがって・・犯られてぇんだろ?」
その時、個室の扉が開いて中からもう一人男性が現れました。
「連れ込め!」
私は口にガムテープを貼られて男たちに抱きかかえられ、大きなバンに拉致されました。スモークルーフの怪しい車・・・後部座席はフラットなベッドになっていて、私はそこで押さえ付けられてベビードールもパンティもブラジャーもすべてむしり取られて素っ裸にさせられました。最大のボリュームで車内に流れるアップテンポなビート・・・その中でお口と肛門を交互に四人の男に貫かれる私・・・どくどくと注がれる男たちの種・・口の中にも直腸にも・・顔にもかけられて精液まみれにさせられました。。。二度ずつ射精して飽きた男たちは私を公園のトイレの前に廃棄しました。精液まみれで全裸で公園のおトイレの前に倒れる私・・引き裂かれた衣服もその周りに蒔き散らされました。。乱暴に突かれたお腹からとまらないおならと注がれたやらしい液体を吹き出す私。。。そしてその時、目の前に革靴の男の足が・・
「いいざまだな・・・」
見上げるとお約束の男性が・・送っていただいたお写真の人が私を冷ややかな目で見下ろしていました。
「ああ・・あ・・○○さん・・」
「お前、最低の豚だな・・俺を待ち切れず他の男と・・・」
「ち、違うの!私、ちゃんと○○さんを待ってました!!!」
「約束は約束だ・・俺も楽しませてもらうぞ・・・」
男は私の髪を乱暴に掴みました。私のウィッグがとれて男の手に・・・
「カツラかよ・・」
「あん・・お願い、、返してください・・」
男は私のウィッグを水浸しのトイレの床に放り投げました。
「そんな・・」
「ヤリマンのオカマ野郎がグダグダ抜かしやがって・・」
私は地毛の髪を乱暴に掴まれてそのままトイレの奥に連れ込まれて壁に手をついて腰を突き出さされました・・・
「お前のケツにブチ込んでやる・・・」
男たちにさんざん掘られて緩んだお尻の穴が男たちの精液が潤滑油となって男の硬くて大きなものを呑み込みました。。。強烈な突き・・・若い男の子たちのセックスとは違う・・大人のセックス。。肛門の皮が張り裂けそうになるほど全開になって・・直腸の奥には鈍い衝撃の連続・・
「あん・・ああ・・きつ・・ああ・・壊れちゃう・・」
「うるさい豚だな・・」
男は私の髪を掴んでトイレの壁に私の頭を打ち付けました。。
「あう・・っひ・・痛い・・ああ・・」
「淫乱なカマ豚が・・ホテルでしたい?笑わせんな・・お前なんかにホテル代がもったいねぇだろうが?あ?」
「ひぃ・・ゆ、ゆるひて・・くらはい・・」
「どうだぁ?どうなんだぁ?若い男どもはよかったのか?」
「あ・あん・・っひん・・え・・え・?・・」
「お前が楽しめるように俺が準備してやったんじゃねぇか・・」
「そ、そんな・・それじゃぁ・・あの男の子たちは・・そんな」
「じっくり鑑賞させてもらったよ・・お前の勇姿をなぁ・・」
「あん・・ああぁ・・っひん・・あん・・」
「おら、もっとケツ締めろ!!!中にぶっ放すぞ!!」
お尻が捲れ上がるような快感の中で私は男に乱暴に突かれながら、あそこからやらしい汁をトイレの床に蒔き散らしました。その時お腹の中には何か温かいものが注がれる感じがありました。
「すまんな・・小便しちまった・・・便所だからいいか・・うへへ」
男は私のお尻から硬い物を引き抜き、私を跪かせて口の中に捩じ込みました。そして私の口の中でおしっこと思うくらいの量の精子を射精しました。少し甘くて苦い味でした・・・腐ったチーズのような匂いに咽せました。男は満足したようにチャックを閉め、私の前から去りました。。。私はしばらく呆然としていました。かすかに東の空が明るくなっていました。着替えて帰ろうと思ったその時・・私の携帯に着信がありました。メールのタイトルは「オカマのケツ最高」開くと、車の中での私の勇姿の数々の写メが添付されていました。最後の一枚は私の社員証でした。。。バッグを探すと私の社員証が見当たりませんでした。メールの送り主は約束の男・・・最後の一行には「これから楽しい日々が待っている」とだけ書かれていました。

ごめんなさい。。また妄想です www チャットで男性と盛り上がった時のことを経験談風に書いてみました。。。その男性は私をこんな感じでレイプしてみたいって、、、私、ブスだからこの妄想みたいにならないと言ったんですけど。。。。 w

気になってくださったら・・・成美のエッチな写真集も、よろしくおねがいします w
http://adult.contents.fc2.com/article_search.php?id=273992

歳の差なんて



何の意味もありません。。。十五も年下の男の子のこと、、思い出しながら書いています。。。彼は私とおしゃべりする気なんてありませんでした。目的はセックスだけ、、、自分の性欲を満たすためだけに私は呼び出されました。壁に追いつめられる私。覆い被さるように目の前にそびえる巨漢。。。ホテルのお部屋で会ってから私がヌードにさせられるまでのお時間は僅か二~三分。ごつい掌で顎を掴まれて貪るようなキスをされながら、金玉を持ち上げるように彼の掌が私の股間に・・・太い中指が渇いている私の肛門にぶっすり、、、片腕で持ち上げられてしまいそうな怪力・・お尻の穴を乱暴にほじくられながら乱暴なキス。。乳首を捻る指先の力には加減を感じませんでした。。。Mなんだろ? 睨みつけながらのその一言で私は逃げ場を失いました。歳の差なんて、、何の意味もありませんでした。。人差し指も捩じ込まれ・・二本の指を根元までねじこまれた時、、私は自分の立場を知りました。。。

ぐちょぐちょに肛門をほじられながらニヤニヤ冷酷な微笑みで見つめられました。そして、、しゃぶれ!の一言。肩を押さえ付けるようにその場で跪かされて硬くなったおちんちんを眼前に突きつけられて、匂い立つ若いものを口いっぱいに含みました。壁を背に、おいこまれて、、後頭部を押さえ付けられて、、ダッチワイフのように口を犯される私。情けない私のおちんちんは怖さと切なさですっかり縮んでしまって、乳首を爪痕が残るほど抓られて嬲られました。しばらくおちんちんをしゃぶらされた後は、腕をぐいと掴まれてお布団へ連れていかれました。いよいよ本格的なポルノ劇場の始まりでした。。。

お布団に四つん這いにさせられてお尻を高々と突き出す瞬間、、私がいちばん興奮する瞬間。。いっぱい舐めてくださるとメールくださっていたのに、、ごつい手で開かされると、私のお尻の穴めがけて思い切りツバを吐きかけられました。お願い、、舐めて・・って言うと、汚いケツの穴なんか舐められるか!と怒鳴られました。。。ひたすらツバを吐きかけられて、指で乱暴にぐりぐりと。。。痛くて、、ローション塗らせてってお願いすると、、冷めた口調でさっさとしろ!としらけたご様子。。。あせあせと・・急いで自分のお尻の穴にローションを塗る間抜けな私。。。その間に萎えてしまった彼のものを再びしゃぶらされ、、硬くなったところで背後からずっこんずっこん、、、オカマのケツサイコー!そう叫びながら私は玩具のようにひたすらお尻を掘られました、、、体重がのしかかり、、本当に重くて。。しかも奥まで突き刺さって・・直腸がおかしくなってしまいそうな衝撃でした。。壊れちゃう!裂けちゃう!!ひぃひぃ叫ぶ私を無視してお尻掘られました。。。解放されたかと思ったら今度は正常位・・まんぐり返されて脚を百八十度開かされて、、息が出来ないくらい苦しい体勢で上から突き刺すように。。。にやつきながらも真剣な彼の表情がとても怖かったです。。。見つめ合いながらキス、、キス、、キス、、、キスを交わしながらのアナルセックス。。。乳首に噛み付かれて、、体はくの字に曲げられて、、バラバラになってしまいそうな扱いを受けながら中出しされました。。。おならと一緒に吹き出る彼の精子・・少し私の顔にも飛散って切なかったです。。。そそくさと帰る彼に後ろから抱きついて、、また抱いてねと哀願しましたが、あまり気乗りしない素振りで、気が向いたらまた抱いてやると捨て台詞。。。傲慢で意地悪なのに、、むかつくくらい格好いいの。。。ああん。。。また抱いてくれるかな、、、

気になってくださったら・・・成美のエッチな写真集も、よろしくおねがいします w
http://adult.contents.fc2.com/article_search.php?id=273992

準備のいらなかったホモの頃



まだ私が若かった頃、、ホモだった頃には男性とのセックスはそれほど面倒ではなかった記憶があります。。。毛の処理はお顔周りだけでしたし、お化粧もしません。。。お腹の中をキレイにするくらいのもので準備にかかるお時間なんてせいぜい十五分くらい。。。だけど、女装するようになってからは、食事は前日から抜きますし、お化粧には一時間くらい、、毛のお手入れも、、男性にお会いしていない期間が長い時にはやはり一時間くらいかかってしまいます。。。どんなに早くても二時間半はかかる感じかしら。。。そのせいで余計に男性にお会いする機会が減ってしまったもの。。。かといって昔のホモ時代に戻れるかと聞かれたらそれは無理と答えてしまいます。。。だって、、、お化粧もしなければ、今の私なんてオカマとも呼べない存在だし、、、、でも、、ホモだった頃の男性とのデートはとてもエッチだったわぁ。。デート中、したくなっちゃったら、公園とか施設のトイレの個室とか、団地の階段、ビルの影でも、、どこでもしちゃっていました。。。したくなったらいつでもどうぞ・・という気持ちでしたし、、、エッチな映画館ではなくて、、普通の映画館で真面目な映画を見ている時も、、デート相手のおじさんが、私のジーンズの後ろから手を滑り込ませてきて、お尻の穴をほじくられながら見たフォレスト・ガンプが忘れられないわ。。。もう、、映画どころではなくて、、、こんなところで、、と文句言おうとおじさんを見ても、おじさんは何食わぬ顔で映画を見てるんですもの ww 声が出ちゃいそうなのを必死で堪えるのに泣きそうになりました。。映画館から出た後は、、、お尻掘られまくって失神してしまいそうなくらいコテンパンにやられちゃいましたけど w 思い返したら、、、ホモだった頃の方がやらしい出来事が多かったのかもしれなしです。。。

気になってくださったら・・・成美のエッチな写真集も、よろしくおねがいします w
http://adult.contents.fc2.com/article_search.php?id=273992