FC2ブログ

体調不良



胃腸炎になってしまって入院したり、ここ1カ月、体調が悪くて、いろいろお休みしていました。。。ブログもメッセージやメールへのお返事も溜まってしまって申し訳ございません。。。お休みした分、お仕事も山積みになってしまって大変 w 落ち着いたら、またブログもメールも続けますので、お許しくださいませ。。。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

年越しチュー♥



2016年から2017年への変わり目は、私にとって忘れられない瞬間でした。。。

大晦日の晩、私はかねてからのお約束通り、マイフレの男性の家にお邪魔しました。。。お家に着くと、すでに、マイフレさんを含む三人の男性が待っていらっしゃいました。。。バスを借りて汗を流し、洗面所でメイクをし、恥ずかしい下着姿で殿方たちに対面しましたが、さっそくの洗礼、、、長い時間殿方をお待たせしたことへの謝罪から私の長い長い時間が始まったのです。。。

全裸土下座

頑張って色っぽい下着を身につけていたのですが、全て脱ぐように命じられ、全裸で土下座させられました。。。たかが土下座だなんてとんでもないです、、お待たせして申し訳ございません。。。たったこれだけの謝罪に、百回近くのダメだしをされました。。。もっと心を込めて!もっと色っぽく!もっと大きな声で! Yさまの怒鳴り声に萎縮する私、、、あまりに謝罪が下手なので、途中、お尻を蹴飛ばされ、頭を踏みつけられました。。。他の二人の男性は、そんな私の姿を哀れむように見ていました。。。

口移し

土下座の後は、二日間可愛がっていただく殿方へお酒を振る舞う行為でした。。。用意された日本酒をお口に含み、全裸で殿方に抱き付き、濃厚なキスをしながら、殿方のお口に口移しでお酒を飲ませるのです。。。Yさま、Kくん、Iさんの順で三人の男性を順繰り。。。日本酒の瓶が一本空になるまで・・・男性に飲ませても、私も少しは飲んでしまいます。。。あまりお酒に強くない私は、すでに、ほろ酔いでした。。。

尻振りダンス

お酒も入ってテンションの高まったS様たち、、、私はちゃぶ台の上に上がらされ、全裸で尻振りダンスを命じられました。。。BGMはAKBのヘビーローテーションとフォーチュンクッキー。。。急に言われたって、振り付けなんて覚えていません、、、私は、適当な情けない裸踊りを披露し、男性たちに大爆笑されました。。。そして、、大爆笑しながらも、男性たちの強烈な鞭が私のお尻を捕らえます! 下手クソ!阿呆踊り!豚!三人に浴びせられる鞭と罵声・・・自分で下手だと思っているだけに凹みました、、、もうすでに泣きそうでした。。。私のそんな表情は、彼らを大喜びさせているようでした。。。

脱糞ショー

そして、、、その時はやってきました。。。私の足下に、洗面器が置かれました。。。もう、、何をさせられるのかわかっていました。。。前々から予告されていましたし・・・そのために、私は数日前から排泄を我慢するように命じられていたんですもの。。。それほど便意をもよおしてはいなかったのですけど、洗面器の上で、がに股になってお尻を突き出すように命じられました。。。洗面器からはみ出させてしまったら、Yさまに烈火のごとく叱られるのはわかっていました。。。私はなるべく洗面器にお尻を近づけるために腰を落とすように命じられました。。。その姿は空気椅子そのものでした。。。脱糞するまで、その格好でいなければなりませんでした。。。すぐに脚がガクガクブルブル震えます。。。情け容赦なく、鞭がお尻に飛んできます。。。私は必死できばりました。。Kくんが目を輝かせて私の痴態を凝視していました。。。イケメンで好きなタイプのKくんには最も見られたくない姿でした・・・やや年配のIさんは冷ややかな目で私の姿をあざ笑っていました。。。Yさまの鞭が私のお尻を何度も、何度も、何度も、、、そしてようやく、、、

プスゥ・・・

テレビから紅白歌合戦の音が響く部屋に、私の恥ずかしいオナラの音が混じりました・・・Sさま三人は面白がって一斉に私のお尻に鞭を入れます。。。

プヒ・・プス・・

痛い!痛い!痛いぃぃぃ〜!!!

泣きながら、真っ赤になったお尻からオナラが止まりませんでした。。。Kくんが大爆笑している姿を見て半泣きになりました。。。そして、私の肛門を押し開き、、プリプリと乾いた音と共に、グロテスクな茶色い物が顔を覗かせました。。。おおおぉ〜というS様たちの歓声が部屋に響きました。。。お尻に鞭を受け、プラプラ揺れていた長いウンチが、ポトリと切れて洗面器の上に転がりました。。。

うおおぉ、臭ぇ!!!
臭ぇ!

もう、止まりませんでした。。。

ああ、、ダメ、、止まらない。。。いっぱい出ちゃう!!!

私はSさまたちがドン引きするくらい、大量の排泄物を洗面器に落としました。。だって、、二日近く排泄を禁止されていたんですもの。。。部屋にはもの凄い匂いが漂っていました。。。本気でその匂いに参ったという感じの男性たちの反応が私を惨めにさせました。。。Yさまは「ごめんごめん」と優しくキスをしてくださいました。。。プレイは一時中断。私は、真っ赤に腫れたお尻を揺らしながら、自らの排泄物をトイレに流し、洗面器を綺麗に洗いました。。。自分の排泄物を綺麗にする瞬間は慣れません、、いつも、とても惨めな気持ちになるの。。。Yさまは部屋中に消臭スプレーをまいて匂いを除去していて、申し訳ない気持ちになってしまいました。。。Yさまは私に三個イチジク浣腸を手渡し、お腹の中を綺麗にするように命じました。。。私は少しホッとしました。。汚れたお尻で殿方のお相手はいくらなんでも辛すぎるから・・・私は浣腸でお腹を綺麗にした後、シャワーで身を清めました。。。

第一回戦

トップバッターは初めてお会いする初老のS男性Iさん・・・隣のベッドルームで二人きり・・・ノンケ男性と聞かされていたのですが、女装子、ニューハーフは何度かご経験があるということで、とても手慣れていらっしゃいました。。。私の腰の下に枕を入れ、正常位で・・・私、マン繰り返されて、股の間にIさんのお顔・・・

ブスって聞いてたけど、可愛いじゃん!

その一言で私、胸キュン、、、たっぷりローションのついたIさんの太い指が、私のお尻の穴にズブリ!!!

ああ、、何コレ!!??ああ、、凄い、、す、、凄いなんだけど!!指がすんごいイイところに当たる!!!あああ、、凄いよぉ、、、マン繰り替えされて、お尻ほじくられて、私、一瞬で逝ってしまいそうでした。。。

逝くなよ?こんなに早く逝ったら許さないぞ!

そう言いながら、Iさんは二本目の指を私のお尻の穴に!!! 二本の指がチョキチョキ・・・開いたり閉じたり・・私のお尻の穴が広がるうぅぅぅぅ〜〜〜!!! Iさんは私の気持ちを全て見透かしてるように、私の物欲しそうな乳首を・・もう一方の指で・・・ギュゥゥゥゥ〜〜〜!!!!気持ち良すぎて泣きそうでした、、、もう、、いいところに当たりっぱなしだし、おっぱい、、気持ち良すぎて、、私は、馬鹿女丸出しで、、好き!好き! Iさま・・大好き!♥ を連発・・・大抵の男性なら、これで興奮して喜んでくださるのに、Iさんは逆に激怒! これくらいで好き? ケツの軽いオカマが!そう言って、乳首を捻る指にさらに力を・・・ギュウウウゥゥ!!!

ひいいぃぃ!!! おっぱい・・千切れちゃう!!!

お楽しみはこれからだ・・・そう言いながら、私、もう、、好き勝手にされました。お尻には三本の指をねじ込まれてグリグリ・・グリグリ・・お尻ほじられながらおっぱい吸われて、

あんあんあんあん!!!

ああ・・この人・・凄い・・・普通なら、私、指で長時間されると痛かったり苦しいだけなのに、もう、、ずっと弄っていて欲しくなっちゃいました。。。それに、、髭のコワモテが素敵すぎるの、、、私のお尻の穴、女の人のオマンコみたいにパックリ・・・ついにIさんが私に突撃、、、、通常サイズのIさんのおちんちんは私のアナルにジャストフィット♥ 私の肛門を貫きました。。。ベッドがギシギシ、、、以前、Yさまと何度もセックスをしたベッド、、、そのベッドで私はYさま以外の男性と、、、私、Iさんに思い切りしがみついて、、、貪るようなキス、、、キス、キス、キス、キス、、、、そして、Iさんは私の中に、、、

ドプ!ドプ!!

たっぷり・・濃厚種付け・・・私は、その間にドライで二度昇天しました。。。まだセックス地獄は幕を開けたばかりなのに、いきなりハードなセックスで私、ぐったり、、、Iさんとは約二時間セックスしていました。。。一度、休憩を挟むことになりました。。カウントダウンも近かったし、私は、シャワーを浴びて、再度お尻を綺麗にし、台所をお借りして、年越しそばの準備をしました。。。

もちろん、エプロン以外、一切衣類は身につけさせて貰えません。。

料理中、Iさんは何度も私の背後に立って、お尻を鷲掴みにして首筋にいっぱいキスをしてきました。。。私に種付けしたもんだから、もう、すっかり「犯った女」扱い、、、Yさまは、Iさんが調子に乗ってると少しご立腹 w IさんはおちゃらけてYさまをなだめました。。。
四人でお蕎麦を食べて、カウントダウン。。。Yさまに手招きされて、Yさまの膝の上に抱っこされる私。。。十・・・九・・・八・・・カウントダウンの中、Yさまは私に濃厚なキス♥
ハッピーニューイヤーの言葉が響くまで、Yさまにキスされ、私、、生まれて初めて年越しチューしちゃった www 彼氏とだってしたことないのに。。。KくんとIさんが「ズルい!」とブーイングしてたけど、Yさまは満面の笑みでうれしそうでした。。。お尻を優しく撫でられながら、腰を抱きしめられて・・ああ・・あんなに優しいキス・・・最近されていなかったわぁ。。。


第二回戦

それは、カウントダウン直後でした。。。YさまとKくんに、私、再び隣の寝室へ連れ込まれました。。。Iさんは、少しお酒に酔ったご様子で、リビングでウトウトされていました。。。
あああ、、、夢の、、、3P♥ 大好きなYさまとKくん、、、私は生きた「穴」であることを思い知らされました。。。お口、お尻、お尻、お口、お尻、、、、もう、、逞しい男二人が私の肛門とお口を入れ替わり立ち替わり、、、噛みつかれるおっぱい、、噛みつかれるお尻、、、玩具になるということを思い知らされました。。。Yさんは直腸に、、Kくんは私の喉の奥に、、たっぷり濃厚な子種を注ぎました。。。その後、しばらく、三人でおしゃべりしていたのですけど、一時間ほどしてKくんのアソコが再びギンギンになって、お尻に入れたいと言いました。。。Yさんも、負け時とフル勃起状態、、、再び、私は前後から挟まれて、お尻とお口を同時に犯されました。。。Kくんのおちんちんがふっっっとくて、、、成美の肛門、ペラペラ捲れちゃう感じでした。。。Yさんも、強烈なイラマチオ、、食べたお蕎麦、吐いちゃいそうで怖かった、、、おっぱい鷲掴み、、乳首、捻りあげられて、、、お尻は激しくスパンキングされて、私、、壊れちゃいそうなくらい激しく玩具にされました。。。濃厚なお二人の二発目をお尻とお口に受けて、、私、、流石にノックアウト www もう、、外は明るくなっていました。。。あああん、、、1917年の初の朝なのね、、、なんて思いながら、Kくんの腕枕で眠ってしまいました。。。。

二日目

起きたら、十時近くなっていました。。。もうYさんも、Kくんも、Iさんもみな起きていらっしゃいました。。。ああん、、またやってしまった、、、奴隷の身の私が一番遅く目を覚ますなんて、、、Yさまに謝ったら、罰は後だ!飯の支度をしろ!とのご命令、、、ここは手料理頑張らなきゃ、、レンジと鍋で簡単にできそうなもの、、鶏肉と大根と卵のオイスターソース煮込みと、麻婆豆腐で中華にしました。。。殿方たちはご満悦のご様子でした。。。でも、Yさまは、、

料理の味はよかったが、罰は罰だ!と申されて・・・

ケツ出せ!

私は恥ずかしい裸エプロン姿で四つん這いになって、Yさまにお尻を突きだしました。。。Yさまはスリッパを脱ぎ、大きく振りかぶりました。。。私が歯を食いしばって、目を閉じて、スリッパで打たれる瞬間を堪えていると・・・

頬に・・チュ♥

嘘だよ。料理に免じて、罰はなしだ!そう言って、スリッパを地面に置き、履き直しました。私は、その優しさに胸キュン、、、他のお二人はお仕置きが観られなくて少し残念そうなご様子でした www 食後はお昼すぎまでしばし休憩でした。。。もちろん、私はのんびりなんてさせて貰えません。。。お部屋をお掃除したり、お風呂を沸かしたり、洗濯したり、、ゴロゴロされている男性三人を横目に、奴隷としての勤めを遂行しました。。。肩!と言われれば、肩揉みをさせられ、酒!と言われれば、昨日のように口移しでお酒を飲ませて差し上げなければなりませんでした。。。でも、、いちばん辛かったのは、、小便!でした。。。私は、お風呂場へ連れて行かれ、口を開き、殿方のお小水をお口で受けなければなりませんでした。。。少しでもこぼしたら、お尻を鞭打ち! もちんろん、一滴もこぼさず飲み干すことなんて出来ません、、酸味が強すぎて、必ず咽せてしまうの。。。飲尿の度に私はお尻を鞭打たれました。。。二日間で男性三人のお小水、合計で十回以上お口で受け止めました。。。さらにセックス中、Yさまにお尻の中でおし○こしていただきました。。。


第三回戦

レ○プごっこしようというYさまのご提案でした。。。私は、嫌がるふりして臨場感を演出しようと頑張りました。。。男三人に捕まって、隣の寝室へ。。。YさまとIさんに左右から腕を押さえつけられて、お尻を高々と突き出す格好になった私を、、後ろから、、Kくんが、、、YさまもIさんも格闘技経験者、、私、、本気で逃げられませんでした。。。ああ、、こういう風に抑えられると、私、力入れても、逃げられないのね、、、と、心の中で感心してしまっていたのですけど、容赦なく、Kくんが私の肛門に、ズッコン♥

ズッコンバッコン♥
ズッコンバッコン♥
ズッコンバッコン♥
ズッコンバッコン♥
ズッコンバッコン♥
ズッコンバッコン♥
ズッコンバッコン♥

突きは激しいし、押さえつける腕は強いし、、ああ、、レ○プされてる、、、そんな気持ちで、頭が真っ白になってしまいそうでした。。。当然・・種付け♥

今度は、入れ替わって、Iさんが私を・・・YさんとKくんに押さえつけられながら、Iさんの子種を受精♥

でも、、そこで、、私、、お尻がどうしても痛くなってしまって、、、またボラギノール塗ったけど、お尻の痛みで輪姦ごっこは中断。。。Yさまにはとても申し訳ないのですけど、お口で逝っていただきました。。。私も、その間ドライで逝きっぱなしで、ヘトヘト、、、みんなお疲れのご様子で、お昼寝タイム♥ 気づいたら、もう日が暮れていました。。。KくんとIさんは二日から用事があるとのことで帰られました。。。私は、Yさんと二人きりに♥

ラストステージ

ちょうどお時間は私が来てから25時間を過ぎた当たり、、解放されるお約束のお時間まで、まだ23時間くらい・・・YさまのいつものハードなSMや拷問セックスを想像してビクビクしていた私、、、体も少し辛かったし、お尻も痛くて、、あまりハードな要求は応えて差し上げられないかも、、と不安だった私。。。だけど、、、それらの不安は全て吹き飛んだのでした。。。
Yさんらしくない演出。。。ムードたっぷりの音楽と、官能的な古い映画、、部屋の照明も薄暗くして、キャンドルを灯してロマンチックな雰囲気に。。。夕食はYさんがドライカレーを作ってくださいました。。。それが、びっくりなくらい美味しい♥ 私、、ずぅずぅしくおかわりしちゃった www お食事の後は、お風呂・・・お風呂も、ライトを消して、湯船に光るライトを浮かべて、ここもロマンチック♥ 久しぶりにYさまとソープランドごっこ♥ 私、体中を石けんで泡立てて、Yさまに抱き付いて、私の体をたわし代わりに、こすりつけました。中腰でYさまの太い脚に跨がって、私のお股でこすりつけて、お尻プリプリ、、、フロ椅子に座っていらっしゃるYさまに対面で抱き付いて、太い首に腕を回して、体全体を上下に動かして、、、Yさまがいつもと違って、、やばい、、、眼差しが優しい、、、私のおっぱい、、噛みつかないで、優しく、、強く吸ってくれて、、私の母性スイッチ入りまくり、、、、私の目も、きっとやばかったと思うの。。。きっとトロンってなってたと思う。。。

お風呂から上がって、、、

揺れる蝋燭の炎・・・

Yさんは私の前に仁王立ち・・・私は、そそり立つYさんの物をお口で・・・世界一大好きな人の物を愛撫する気持ちで・・・誠心誠意を込めて・・・これ以上ない気持ちでフェラチオしました・・・ここまでムードを作られたら・・・ズルいよ・・・
私、お口で逝かせるのが申し訳なくなってしまって、、フェラチオを中断して、お尻に入れて欲しいとお願いしちゃいました。。。ケツ、痛ぇえんだろ? 優しく気遣ってくださったけど、首を横に振ったのは私・・・ムードに酔ってしまっていたの・・・日記で書いていたこと、そのまま言っちゃった・・・

Yさま・・・裂けるまで犯して!!!!!!

温かいリビングルームで、、私は、、お尻を突き出して、Yさまをお迎えするポーズに、、、Yさまは、貪るように私の肛門を愛撫してくださいました。。。温かい舌がぬめぬめと成美の肛門をほじくり回すの。。。ああ、、気持ちいい、、気持ち良すぎて死んじゃいそうなくらい、、、そして、十分な愛撫の後、Yさまはボラギノールをたっぷり指に塗って、私のアナルをさらにほぐしてくださいました。。。あああ、、、痛みが麻痺する。。。お尻は、もう、犯されすぎてぽっかり口をあけているから、Yさまの物をすんなりと受け止められました。。。。
ああ、、Yさまの物が成美のいい所に当たるぅ、、、ドライのオンパレードでした。。。乳首摘ままれて、お尻掘られて、私、逝きっぱなしに、、、Yさまは、私に覆い被さり、耳元で、囁くの・・・

Yさまのことが好き!って言え・・・と・・・

私は、お尻掘られながら、言いました・・・

Yさま、好きです!

声が小さい!と怒鳴られました。。。

Yさま、好きです!!!

まだまだ!

Yさま、好きですぅ〜!!!!!!!!!!
ほとんど叫ぶような声でした。。。

ああ、、隣に聞こえちゃう、、、するとYさまは、隣の隣に聞こえるくらいデカい声で言え!と命じました。。。もう、、、どうなっても知らない!と思いながら、私はお尻掘られながら叫びました。。。Yさまの突きが激しくなって、射精が近づいている感じでした。。私の頭の中で、、狭い穴の中で、ペニスの亀頭が侵入を繰り返す映像が浮かびました。。。そして、その亀頭の先が割れて、白濁色の液体が狭い穴の中に広がる映像が・・・

成美ぃ!!!!!!!!!!

Yさまの雄叫びと同時に、ピストンが止まったの。。。最高に幸せな瞬間でした。ああ、、お尻の穴で、射精の瞬間を感じられたらいいのに、、、何度そう思ったことか、、男性が私の中で逝ったことって体感できないもの。。。お尻から抜いた後、私の恥ずかしいオナラと一緒に、ドロドロと精子が肛門から溢れると、ああ、、、種付けされちゃった、、、と実感するの。。。その後は、Yさまは力尽きてお休みになられました。。。私は、お尻をウォシュレットで綺麗にして、もう一度お風呂に入って、先に休まれているYさまのお布団に潜り込んじゃいました。。。大きなYさまの背中に抱き付いちゃった♥ 翌朝は昼過ぎまで寝ていました。。。途中で何度か目が覚めたけど、疲れがすごくて www 起きたのは二時過ぎ、、、まだお約束までお時間はあったのですけど、Yさまもお疲れだったし、私も体全体がバキバキで、お開きになりました www 後になってお尻、ズキズキ wwwお尻にボラギノール塗って、帰宅しました。。。彼は、今週中ずっといないから、誰もいない家はちょっと寂しいわぁ。。。大晦日と元旦のこと、詳細を思い出しながら日記を書いていたら、変な気分になってきちゃう。。。。最近、あまりエッチ出来なくて悶々と

お尻の検査



忘れもしない小学校高学年の頃・・・放課後、友達と遊んで日が暮れると、みんな、それぞれ夕飯の待つ家に帰っていきます。その中で私は、遊び友達のリーダー格だったF君に呼び止められ、いつもの時間がやってくる。。。それは、私とF君との秘密の遊び。遊びの締めくくりに必ず行われる儀式・・・

嫌ではなかった気がするの。。。だけど、とてもエッチで、誰にも言えない恥ずかしいことをしている自覚はありました。親にも言えない秘密の遊び。F君だってそのことは自覚していたはず。。。
公園にある山の遊具の中とか、団地の芝生の隅にあった物置小屋とか、団地の屋上へ続く最上階の踊り場とか、場所はその時その時で違っていましたが、誰も人の来ないようなところに連れ込まれて

お尻の検査・・・

私はF君の前で、ズボンもパンツも脱ぎました。それはまるで義務であるかのように・・・当然のこととして命じられました。私も私で、まるで宿題でも提出するような気持ちで、何の疑問も抱かず、F君の前でパンツを脱ぎ、お尻丸出しになりました。

壁に手を突いて・・時には四つん這いになって・・・突きだしたお尻をF 君に広げられて観察されるの。まじまじとお尻の穴を見られる恥ずかしさと切なさ・・・F君は私のお尻の穴を観察しながら、指で弄ったり、匂いを嗅いだり、当然のような顔で批評しました。

今日は、色はいいな。少し、穴が硬いぞ。体調は良さそうだ。

意味もないF君の診察。お医者さんごっこの一種なのかもしれないけど、思い返すだけで異常な行為。。。だって、、、男の子が、男の子のお尻の穴をじっくり観察する行為なんて、、、F君と遊ぶ時は、ほぼ毎回と言っていいほど、最後に必ずこのお尻の検査が待っていました。
私も、嫌ではなかった気がします。日が暮れるとソワソワするは、F君のお尻の検査の時間が近づいてきたからだったのだと思います。ゴミ捨て場とかに落ちていた週刊誌のエッチな写真のページを開いて、そこに載っているヌード写真と同じポーズをさせられたこともありました。F君にお尻を開かされて、肛門を見られている時、私は、心の中で、もっと見て欲しいと願っていたような気がします。いつも私を虐めるF君も、この時だけは別人のように優しかったの。痛くないか?とか似合わないくらい優しい言葉で心配してくれたし・・・お嫁さんごっこという遊びを発案したのもFでした。
私がお嫁さん役でF君が夫役。と言っても一緒に横になる程度の遊びでしたけど wwwでも、女扱いされることにドキドキを感じていました。F君に「お前」と呼ばれ、F君を「あなた」と呼び合うだけで、胸がキュンとなる思いでした。きっと女の子と遊ぶのが恥ずかしい年頃だったのだと思います。女の子との性的な欲望が抑えられなくて、私を女の子の代用にしていたのだと思いますが、それでも私は女の子扱いされることがうれしかったの。。。
今でもその頃のこと、とっても鮮明に覚えています。。。きっとお互いに好きだったのね w だけど好きとも言えず、それ以上のこともできず、ただ愛おしいと思う感情をお互いに押し殺していた甘酸っぱい思い出。。。今だったら、素直に「好き」と伝え、ベッドの上で股を開いていると思います w

F君が観察してくれたその穴は、その後、今にいたるまで、死ぬほど男の人たちに玩具にされることになりました・・・

脱っぷん

成美脱糞合成04

私、、、浣腸好きな男性にとても好かれます www

きっと、私、お尻が大きいので、おっきなお尻からブリブリとダイナミックにグロテスクな「物」が放り出される姿を見たいのかしら?
毎日のように私が排泄してる姿を見せろという内容のメッセージが送られてきます。
私、スカトロはちょっと無理(塗ふん・食ふん)だけど、過去には、リアルで、殿方の前で排泄させられたことってとても多いです。。。複数の殿方の前での脱っぷんショーとか、大量浣腸された後での鞭打ちされながらの排泄・・・真夜中のドライブで、ひと気のない林の中での野ぐそ・・・記憶に残る恥ずかしい場面がたくさん。。。

私、、殿方にお会いする前は、清潔に、気持ち良く穴を使っていただくために、一日半前から食事を抜き、お腹の中を綺麗にするようにしているのですけど、浣腸・排泄好きな殿方は、それを望まれません。。。過去に何度も騙されたことあるもの w

今日はアナルセックスなしで、いちゃいちゃしようね・・・

そんな言葉を真に受けて、一緒にお食事してラブラブイチャイチャ、幸せに包まれて眠りについた真夜中・・無理矢理起こされて、突然アナルセックスの強要。。。お腹を綺麗にさせて!とお願いしても聞いては貰えず・・・

俺の前でウ○コしろ!

浣腸ではなく、自然排便・・私は、全裸にさせられて洗面器にまたがり、殿方の前で・・

ああぁぁぁ〜!

ぷり・・・ぷり・・・

お尻を丸出しにするのだって恥ずかしいのに・・・ふっという○ちをするところをじっくり見られて、私の顔は真っ赤に、頭は真っ白になってしまいます。情けない放屁、部屋に充満する間抜けな香り、殿方が写メを撮るシャッター音・・・恥ずかしくて、情けなくて、切なくて、、涙が出ちゃっても殿方は大喜び。。。

私の情けない姿と便臭が殿方のドS心に火を付けるのでしょうね・・・
その後は、

お尻の皮が捲れ上がっちゃうくらい・・・お尻を掘られます・・・


写真は、ドSの殿方が私の顔写真とどなたかの排泄画像をくっつけて私の脱っぷんシーンのようにみせかけた画像です。。。なんか、、本当に自分の脱っぷん姿のように思えて恥ずかしいわぁ〜 www

男と男の夜の営み



週末・・・三週連続で一人暮らしの男性、Yさまのお部屋にお邪魔した私・・・

いつものように、お部屋の鍵は開けてあって、私は「失礼します・・」とひと声かけてお部屋に上がるの。いつものように彼の返事はありません・・・扉を隔てた向こうのソファーで、Yさまはビール片手にテレビを見ながら、私を待っていらっしゃる・・・私が女になるまで・・・顔を合わすことはありません。

お風呂に入り、メイクをして女性物の下着を身につける私。。。

Yさまはメイクなど不要だと言うけれど、私は嫌なの・・・ブスでも、男として抱かれるのは気持ちが落ちてしまうから。
遠くから、重い荷物を持って訪れ、お肌やお腹のお手入れとお化粧に一時間・・お化粧の時、鏡に写っているのは、出来損ないの馬鹿な男・・・性処理のために呼び出された間抜けなオカマ・・尻奴隷・・通い妻・・・今夜も・・嫌と言うほど泣かされるのに・・・帰る時には体がボロボロになるまで陵辱されるのに・・・それなのに・・お化粧している私・・・

呼び出される目的は、やらしいことのためだけ・・・

狭い寝室に敷かれたお布団の上で、四つん這いになってお尻を突き出す私。Yさまは私の背後にしゃがみ込み、私のパンツに手をかけるの。ゆっくり・・パンツを下げると、私の大きな恥ずかしいお尻がプリリン♥
力強い、ゴツゴツの掌が私のお尻を鷲づかみ、左右へ広げる・・・

私の・・・恥ずかしい肛門が・・・ぱっかり・・・

真夜中の午前一時・・薄暗い寝室の・・一枚の布団に男と男・・・「弱い雄は強い雄に支配されて当然だろ!」それがYさまの口癖。

ヌメっとしたYさまの舌が私の肛門をほじくる・・・ああ・・Yさま・・
汚い私のお尻を激しく貪るように・・・脱肛してしまいそうなくらいお腹の中の物が出てしまわないか心配になるくらい・・肛門を吸い上げられ・・私の心は支配されていく・・・あああぁぁ、、上手・・・私が出会った男性の中でも屈指のテクニシャン・・ドSで男らしくて、身勝手な亭主関白タイプの男性・・・狡い人・・・男の人に貢ぐ女性の気持ちがとてもわかる・・・この人になら、食い物にされても、騙されてもいい、、そんな気持ちにさせてくれる人・・・おっぱい揉まれて、キスをされて、肛門に太い指をねじ込み、私の心をとろけさせる・・・私のスイッチの入れ方を・・・よく知っているのが狡い・・・私が感じるところも、私がして欲しいことも、私の性格も、好みも、全て知り尽くしているところも狡い、狡い、狡い、狡い、、、

好きになっちゃうじゃん、、、

うれしいのに、泣きたくなる。。。静寂を、Yさまの荒い息遣いと、私の喘ぎ声がかき消し、暗い部屋でうごめく影。。。愛撫タイムの後に待っているのは、彼が獣と化す交尾の時間・・・

ああああああああああぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜

あん♥ あん♥ あん♥ あん♥
あん♥ あん♥
あん♥ あん♥ あん♥ あん♥
あん♥ あん♥

あ・すご・・すご・・あう・・ああ・・お尻・・お尻・・壊れりゅ・・

情け容赦ない、突きの嵐・・・直腸を突き上げ、肛門が捲れ上がる衝撃・・

パン!パン! パン!
 パン! パン!パン! パン!
パン! パン!パン! パン!

あん♥ あん♥ あん♥ あん♥
あん♥ あん♥
あん♥ あん♥ あん♥ あん♥
あん♥ あん♥




セックス・・・




私、、二泊三日、、掘られまくり♥

お料理作ってあげたり、お体洗ってあげたり、お掃除もお洗濯も、マッサージも、、、うっとうしいくらいサービスしました・・・私・・ヤバいよぉ・・・